ニキビ跡 美白

ニキビ跡の美白に効く美容液特集!「ハイドロキノンは効くの?」

ニキビ跡に効果のあった美白化粧品

肌トラブルの中でも特に治りが遅いと言われているニキビ跡。ニキビ跡はニキビが出来た後に残る傷跡のようなもので、シミとはまた違った症状を残します。ですがシミとニキビ跡を消す方法は実に似通っており、どちらも美白成分が必須となります。私も以前までニキビ跡に悩まされていましたが、諦めずに美白ケアを続けたところ、今ではすっかり悩まされない生活を送っています。そのきっかけをくれたのが『ビーグレン』でした。ビーグレンの名前を知ったきっかけは、ハイドロキノンと呼ばれる美白成分に興味を抱いたからです。口コミサイトなどでもよく目にするハイドロキノンですが、実際にハイドロキノンが配合された化粧品を見た事が無く、すぐに調べてみる事にしました。すると検索上位にヒットした化粧品が『ビーグレン』だったのです。サイトを見てみるとニキビ跡だけでは無く、シミにも効果的だと書かれており、迷わずハイドロキノン配合美容液を注文する事にしました。化粧品が届いたその日に、まずは肌質のチェックです。元々敏感肌なので化粧品が肌に合わない事が多々あり、チェックを欠かす事が出来ません。何度か肌につけて、染みたりしないかを念入りにチェックしましたが、全く問題は無く安心する事が出来ました。そのまま一ヶ月以上使い続けた結果、驚く事にニキビ跡はほとんど目立たなくなるまで薄くなっていました。茶色くポツポツとしたニキビ跡も、今では何処に出来ていたか解らない程薄くなり、赤く全体的に広がっていたニキビ跡もキレイに消えていたのです。肌全体のくすみも気にならなくなり、まさに美白効果を実感出来た瞬間だったと思います。周りの友人達からも「肌がキレイになった」と言われる機会も増え、確実に効果を実感する事が出来ました。今でもビーグレンの美容液を使い続けていますが、その後ニキビ跡に悩まされる事はありません。ニキビ跡やシミといった色素沈着を出来るだけ早く治したい、という方は、美白化粧品はおススメです。

ニキビ跡治療できる?

ニキビ跡は治療できるのでしょうか?ニキビ跡には、いくつか種類があり、色素沈着や赤みなどは、早くケアをすることで治すことができます。色素沈着や赤みには、美白成分が配合された化粧品を使うことで改善することができます。また、肌のターンオーバーを正常に戻すことで、色素沈着や赤みを改善することができます。ニキビ跡で一番やっかいなのは、クレーターになってしまった場合です。ニキビ跡がクレーターになってしまうと、改善するのはとても難しくなります。それは、肌の真皮がダメージを受けてしまっているからです。真皮は再生することができないので、治すのが難しいのです。ニキビ跡クレーターの場合、治療方法はないのでしょうか?ニキビ跡を治療して治すことはできます。美容整形外科などでレーザー治療やケミカルピーリングなどの治療をすることで、肌の凸凹を改善していくのです。でも、美容整形外科の治療料金は高くついてしまうので、誰でも受けれる治療ではないでしょう。

30代に人気の美白アイテム

30代になると、20代と同じケアをしていても肌の調子が優れなかったり、化粧品の効果が表れにくくなったりします。20代のころは気にしていなかったしみが表れてくることもあります。
そういう時は、肌の状態に合わせて化粧品も変えていくことが大切です。
次のアイテムは30代の方に人気のしみそばかす消す効果の美白アイテムですので、新しい化粧品を選ぶときの候補にしてみてはいかがでしょうか。

 

・ホメオバウ O2パック
拭き取りタイプのパックです。
ジェルと顆粒を専用カップの中で混ぜ、肌に乗せます。肌に乗せた瞬間、パチパチとはじけるような音がなります。
炭酸ガスが肌の奥まで届き、新陳代謝をアップしてしみなどのトラブルをケアします。
30代〜40代の方に人気の商品です。

 

・エスト ホワイトニングエフェクト マイクロムース
花王エストから発売されている炭酸泡の美白美容液です。
毛穴よりも小さな炭酸マイクロバブルが美白有効成分を肌の奥まで届けます。
こちらも30代〜40代の方に人気の商品です。

 

・SK-II セルミネーション オーラ エッセンス
さらっとしたテクスチャーで、肌馴染みのよい美白美容液です。
クチコミ評価がとても高く、肌が明るくなるのを実感できたという声が多数あがっています。
20代後半〜30代の方に人気の商品です。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ